<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

メイちゃんの執事 あらすじ

meichannosituji.jpg

水嶋ヒロ 榮倉奈々 W主演! 佐藤健 フジテレビ ドラマ初出演!!

イケメン執事と女の子のファンタジックなラブ・コメディードラマ!

メイちゃんの執事 は、イケメン執事が女生徒1人につき、1人つく、
超セレブなお嬢様学校「聖ルチア女学園」を舞台にした、
ファンタジックな学園ラブ・コメディー。

メイちゃんの執事 は、水嶋ヒロが演じる執事・柴田理人は、
最高ランクのイケメン執事。

榮倉奈々が演じる東雲メイは、庶民出身で突然、
「聖ルチア女学園」に通うことになった女の子。

佐藤健がふんする柴田剣人は、理人の弟で、
メイに恋心を抱いて執事を目指す。

メイちゃんの執事 は、次々と降りかかるトラブルや
ご学友のお嬢様たちによるイジメを乗り越えながら
立派なお嬢様に成長していく女の子 東雲メイ の
シンデレラストーリー。

メイちゃんの執事の原作は、現在「マーガレット」(集英社)で
連載中の 宮城理子 さんの人気コミック。

メイちゃんの執事

01月13日(火)スタート
フジテレビ系 21:00〜21:54

メイちゃんの執事 出演者 CAST

水嶋 ヒロ 榮倉 奈々 佐藤 健 山田 優 向井 理
岩佐 真悠子 夕輝 壽太 大政 絢 真山 明大
中別府 葵 姜 暢雄 忽那 汐里 丸山 智己
吉田 里琴 鈴木 亮平 谷村 美月 阿部 進之介

メイちゃんの執事 スタッフ

【原作】 宮城 理子「メイちゃんの執事」(集英社『マーガレット』連載中)

【演出】石川 淳一(共同テレビ)木下 高男(共同テレビ)
城宝 秀則(共同テレビ)岩田 和行(共同テレビ)

【脚本】古家 和尚

【音楽】河野 伸 高見 優

【主題歌】 ROCK`A´TRENCH「My SunShine」
     ワーナーミュージック・ジャパン

【プロデューサー】橋本 芙美(共同テレビ)

【制作】フジテレビ 共同テレビ


メイちゃんの執事 ROCK‘A’TRENCH の My SunShine が 主題歌 に

ROCK‘A’TRENCHMy SunShine
メイちゃんの執事 の 主題歌 に決まりました。

水嶋ヒロ 榮倉奈々 佐藤健 といった話題の
ドラマ「メイちゃんの執事」の主題歌は、
ROCK‘A’TRENCH がドラマのために
書き下ろされた、ラブソングが
マイ サンシャイン。

ROCK‘A’TRENCH の My SunShine は、
想いをよせる女の子を太陽に見立てた
ストレートに表現した楽曲。

ROCK‘A’TRENCH のプロデュースを手掛けるのは
ポルノグラフィティの一連の作品でよく知られる
本間昭光が担当し、ポルノ同様ポップなサウンドに
仕上がっています。

ROCK‘A’TRENCH が、メイちゃんの執事 の 主題歌 に
起用されたことについて、ヴォーカルの 山森大輔 は、
「今回このような素晴らしいドラマ メイちゃんの執事 の
音楽で参加させてもらえて嬉しいです。」とコメント

さらに、ROCK‘A’TRENCH の オータケハヤト は、
「ミュージシャンで食って行く。そう決めた頃から、
いつかはドラマの主題歌を書きたいと思ってました。
そんな中、こんな機会に恵まれるとは!本当に
興奮しています。」とコメント。

ROCK‘A’TRENCH は、2008年8月にリリースしたシングル
「Every Sunday Afternoon」 通称 エビサン が、大阪の
FM局を中心に話題になり、東京・大阪のライブである
クアトロ・ワンマンライブも即完売と大人気!

ROCK‘A’TRENCH のマイサンも、エビサンに続き
大ヒットの予感です。


ROCK‘A’TRENCH 「My SunShine(マイ・サンシャイン)」のCD詳細はこちら

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 柴田理人 水嶋ヒロ

水嶋ヒロが演じる、柴田理人は、
メイに仕えることとなった
容姿端麗で、実力最高の 執事 。

柴田理人は、メイの幼なじみの
柴田剣人の実の兄でもある。

柴田理人の正体は、日本最大・世界有数の
大企業である本郷グループに代々仕えてきた
執事の家系・柴田家の若きホープ。

柴田理人は、 執事 のサラブレッドとして
英才教育を受けて育ち、弱冠14歳で
公式執事資格を取得してしまう。

さらに 柴田理人 は、英国留学中に
最高Sランク執事の資格をも獲得
している。

柴田理人は、高いIQ、勉学・運動・文化面など
すべての分野を完ぺきにこなす人物である。

柴田理人は、本郷家の人間として狙われる立場となった
メイを身をていして守るボディーガードとしての役割も
担っている。

柴田理人は、表面上あまり感情を出さず、
与えられた職務と、「メイのためになること」を
常に考え、あらゆる行動を淡々とこなすが、
「ロボットのよう」とメイに避けられることも

柴田理人の本当の真意は最初なかなか
メイに伝わらず避けられる原因となる。

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 東雲メイ 榮倉奈々

榮倉奈々が演じる、東雲メイは、うどん店の娘として、
親子三人で暮らしていた、ごく普通の女子高生。

東雲メイは、学校では、成績は普通だがスポーツ万能で、
明るい性格で、みんなの人気者。

東雲メイの両親の突然の死によって、メイ自身が
大企業・本郷グループの血を受け継ぐものだという
新事実が明らかになった。

メイは、金持ちの世界にまったく興味が無いのに、
メイに付き従うようになった執事・理人が目障りで
仕方ないが、自分が、本郷家の人間として命の
危険が迫っていることを悟った。

メイは、「 聖ルチア女学園 」への編入を決める。

メイは、お嬢様学校「 聖ルチア女学園 」での生活に、
慣れない上に、周囲から冷たい仕打ちを受けることに。

そんな、メイが「 聖ルチア学園 」で、庶民ならではの
発想と瞬発力でさまざまな問題に向かい合いながら、
聖ルチア学園の周囲のお嬢様たちに色々な影響を与え
成長していく。

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 柴田剣人 佐藤健

佐藤健が演じる、 柴田剣人 は、 メイ の執事である
柴田理人の弟。執事一家の名門・柴田家の次男坊である。

柴田剣人は、 メイ の幼なじみでずっと恋心を抱いているが、
メイにはまったく届いていない。

剣人は、聖ルチア女学園に入ったメイのことが心配で
メイを守るために執事学校入学を決意する。

メイの執事である、兄の 柴田理人 に嫉妬(しっと)しているが、
理人は剣人の持つ素質に驚異を感じ始めている。

剣人は、 メイ 以外の女の子には全く興味がなく、
メイが大ピンチのになったとき常に メイ を守ろうと
行動をする。

剣人は、女子からの人気はかなり高い。

メイと剣人は、負けん気がお互い強いので
いつも喧嘩ばっかりを繰り返してる。

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 本郷詩織 山田優

山田優が演じる、 本郷詩織 は、「聖ルチア女学園」
最高の淑女に与えられる栄冠「ルチア」の称号を
持つ美しい女生徒。

本郷詩織は、女生徒たちから崇拝されていて、
生徒内の最高権力者。

本郷詩織は、 メイ の父が本郷家を出た後、
本郷家の後継者として養女に入った女の子で、
本郷家にふさわしい人間になろうと感情を
抑えてきた。

詩織は、感情を抑えてきたため、心がの方が
ドス黒く染まってしまっている。

詩織は、病弱な身体のため車イス生活を
余儀なくされているが、その可憐さと
聡明さが他の女性とたちから崇拝されている。

本郷詩織は、 理人 に異常までの執着と愛情を持っており
理人を執事とするメイに嫉妬している。

本郷詩織は、同時にメイが本郷家後継者としても
最大の敵になる。

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 忍 向井理

向井理が演じる、 は、詩織に仕える執事。

忍の本名、年齢、経歴も不明。

忍は、学園内で最も美しい執事と言われ、
人気実力ともに理人と並ぶ存在である。

忍の執事ランクはシークレット。

さらに、 忍 は医学博士号を持ち、学園主治医も兼ねる。
したがって、忍だけ他の執事とは違う純白の衣装を
身にまとっている。

執事の 忍 は、詩織の命令には絶対の忠誠を貫いていて、
人をおとしめる悪計にも長けている。

忍は、 理人 と メイ を陥れる張本人となる?

忍は、 詩織 に執事の職務以上の感情を
抱いているだが

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 滝恩寺泉 岩佐真悠子

岩佐真悠子が演じる、 滝恩寺泉 は、
聖ルチア女学園・太陽ランクの生徒。

滝恩寺泉は、 メイ の同級生で、
学年委員長でクールな優等生的美女。

滝恩寺泉は、超名門である旧華族・
竜恩寺家の次期当主にあたり、
リーダーシップにたけた才媛である。

泉は、やや潔癖な性格で、融通の利かない
硬い所があるため、ルチアの取り巻きの、
他の太陽ランク三年生から疎まれている。

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 シスター・ローズ 堀内敬子

堀内敬子が演じる、 シスター・ローズ は、
「聖ルチア女学園」園長。

シスター・ローズは、さっぱりした性格で、
聖ルチア女学園内の決まりごとは、すべて
生徒たちに任せている放任主義者。

シスター・ローズは、聖ルチア女学園の目的である
次代の淑女を育成するということをしっかりと理解し、
メイや他の女生徒たちに的確なアドバイスをする。

シスター・ローズは、聖ルチア女学園の卒業者で、
シスター・ローズは、当時は最高の生徒の称号・
ルチアを冠していた。

シスター・ローズは、学園史上最高の
ルチアとして伝説となっている。

メイちゃんの執事 キャスト 出演者 本郷金太郎 津川雅彦

津川雅彦が演じる、 本郷金太郎 は、
本郷グループの現当主である。

本郷金太郎は、 メイ の祖父。

本郷金太郎は、 メイ とは、血縁の孫だが、
メイを特別扱いするそぶりは全く見せない
厳格な男でもある。

本郷金太郎は、 メイ に向かって冷酷に
思える言葉を吐くが、 金太郎 は メイ に
しんから強くなって欲しいという愛情が
あるからである。

理人の父で執事長の英人がメイら家族を
かくまっていたことを 本郷金太郎 は、
知っているが、 メイ の父の生き様も
認めており黙認していた。

メイちゃんの執事 第1話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第1話 あらすじ ストーリー
「女性の願望叶えるイケメン執事たち!!」

柴田理人( 水嶋ヒロ )は、日本最大の大企業である本郷グループに代々仕えてきた
執事の家系・柴田家の若きホープ。容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ
理人は、公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとり。

理人が今回、新たに仕えることになったのは、とある町のうどん店「しののめ」のひとり娘の、
東雲メイ( 榮倉奈々 )17歳の女子高生であった。

メイは、優しく仕事熱心な両親と、質素ながら幸せな生活を送っていた。

メイは、色気より食い気の明るい性格で、勉強は出来ないが、クラスの人気者。

メイと、幼なじみの 柴田剣人( 佐藤健 )は、そんなメイが好きだったが、
剣人とメイはお互い気が強く、顔を見ればすぐ喧嘩、したがって、
剣人はその気持ちを伝えられずにいた。

メイに、ある日突然、思わぬ不幸が襲った。なんとメイの両親が事故で
他界してしまったのだ。

メイは、天涯孤独の身となってしまった。

メイは、親友だった仲本夏美( 星井七瀬 )の家に身を寄せた。

そんな中、メイの前に、突然「本日からお仕えいたします。
メイお嬢様の執事です」と理人が現れた。

理人は、メイに驚くべき事実を告げた。なんとメイの父・
周太郎(橋爪淳)は本郷グループの現当主・本郷金太郎
(津川雅彦)の実の息子であった。

じつは、周太郎は、メイの母・ユウ(山下容莉枝)と
駆け落ちをし19年前に家を飛び出したのだ。

メイは、周太郎が亡くなってしまい、メイは本郷家の
正当な跡取り候補となってしまったのだ。
理人は、金太郎の命令でメイに仕えることになった。
しかも剣人の実兄でもあった。

理人は、本郷家の後継者として、有名な超お嬢様学校・
聖ルチア女学園に転入してもらいたいとメイに告げる。

メイは、いまの普通の暮らしをしたい、と理人に反発した。
その矢先、本郷家の後継者候補となったため、何者かが
メイの命を狙っていた。しかもメイの家を爆破するという
事件が起きてしまう。

メイは、自分のために、大切な周囲の人たちに危害が及ぶことを恐れ、
メイは、聖ルチア女学園への転校を決意した。

メイは、理人とともにヘリコプターで聖ルチア女学園に行った。

聖ルチア女学園は、世界最高水準の教育の下で次世代の
淑女を育成するために設立された女学園。

聖ルチア女学園は、庶民とはかけ離れた超お嬢様たちばかりが集まる
少人数制の全寮制女学園だった。

聖ルチア女学園は、建物間の移動手段は全てヘリコプター、
学費は月1億円、しかもお嬢様ひとりひとりにイケメン執事がつくという
あまりにも現実離れした世界だった。

聖ルチア女学園では、Sランクの執事・理人がくるので、正門前広場に
お嬢様たちが集まっていた。
竜恩寺泉(岩佐真悠子)とその執事・木場(夕輝壽太)。
華山リカ(大政絢)とその執事・青山(真山明大)。
夏目不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)。
天羽凛(忽那汐里)とその執事・四谷(丸山智己)。
麻々原みるく(吉田里琴)とその執事・大門(鈴木亮平)。
山田多美(谷村美月)とその執事・神田(阿部進之介)らが見守る中、
ヘリを降り立つ理人とメイ。

メイは、理人の助言に従って、身の安全を守るために
本郷家との関係は隠していた。

しかしさっそくメイは、何者かにボーガンで狙われ、
嫌がらせを受ける。

メイは、学園内をうろついていると、道の外れにある
ドーム型の温室の中に入っていった。
そこに、真っ白な執事服を身につけた男・忍(向井理)と
車イスを押されながら美しい女性が・・・

それは、学園最高の淑女の称号を与えられた絶対権力者・
ルチア(山田優)だった。

メイは、その美しさに圧倒されてしまう。

ルチアは、そんなメイに優しい言葉をかけると、
理人を何故かじっと見つめ…。

メイちゃんの執事 第1話 あらすじ ストーリー
「女性の願望叶えるイケメン執事たち!!」2009年1月13日放送

メイちゃんの執事 第2話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第2話 あらすじ ストーリー
「命をかけて守る!!」

理人( 水嶋ヒロ )と メイ( 榮倉奈々 )は、聖ルチア女学園の学園長である、
ローズ( 堀内敬子 )のもとを訪れた。メイは、聖ルチア女学院の2週間の
仮入学期間を乗り越えたので、メイは、正式に聖ルチア女学園への入学を
認められたのだ。

聖ルチア女学園の学園長の ローズ は、その証として、黄金色に輝くベルを
メイに手渡し、入学祝いとして、ベルの側面にあるくぼみに星<ステラ>と
呼ばれる緑色の小さな宝石をひとつはめた。

聖ルチア女学園では、淑女としてのランクが厳格に定められているのであった。
淑女としての正しい振る舞いが認められたりすると、星を獲得できるようになっていた。

聖ルチア女学園のたいがいの生徒は、月ランクのまま卒業し、
太陽ランクまで上がれるのは100人にひとりしかいない。


ローズは、最後に聖ルチア女学園の学園の掟をメイに告げた。

ローズが言う掟とは、お嬢様と執事との恋愛は禁止、というものだった。

剣人( 佐藤健 )は、見習い執事としてリカ(大政絢)に仕えることになった。
剣人の周りには、は、リカや不二子(中別府葵)、凛(忽那汐里)らがいた。

リカたちは、メイの正体を知りたがっていたのだ。
メイが本郷グループの後継者候補であることを口外しないよう
理人から口止めされていた剣人は、何も知らない、とシラを切った。

そこに、理人とメイが戻ってきた。すると、リカの執事・青山(真山明大)が、
ナイフを取り出して理人のジャケットを切りつけた。

聖ルチア女学園では、執事の服装も仕えている生徒のランクで分けられており、
陰クラスの執事はジャケットの着用が許されていなかった。

メイたちがサロンでくつろいでいると、執事の忍(向井理)に車イスを押されながら
ルチア(山田優)がやってきた。

そのとき、リカに命じられたことが出来なくて、腹を立てた剣人が、
ポットを投げ、飛び散ったお茶がルチアの服を汚してしまったのだ。

リカは恥をかき、怒りの矛先をメイに向け、聖ルチア女学園の伝統である
決闘<デュエロ>を申し込んだ。

デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が戦い、負けた方が相手に自分の
執事を差し出す、というもので、今回のデュエロは、フェンシングで
勝敗をつけることになった。

理人と青山のデュエロが始まった。

勝負は、青山が圧倒的に優勢、その側に、ルチアの代理で出席していた
忍が近づき、声援を送らないのかとメイに声をかけた。

執事は、信じてもらえなければ力を発揮できない、という。

メイは、理人に声をかけ、理人が勝利する。

理人は、メイの世話は自分ひとりでやると言い、学園には
第二執事は不要だと届けるという。

青山は、新たに仕えるお嬢様が居なければ、聖ルチア女学園を追放される可能性があった。
それでも青山は、メイに仕える気がなく、寮の外へと出て行った。

リカは何も出来ない、剣人に怒りをぶつけていた。
剣人も負けずに、リカに「俺は青山じゃねぇ!」と反発していた。

あくる日、メイたちが食事をとっていると、太陽<ソーレ>ランクの
由真(臼田あさ美)や聡美(ホラン千秋)たちがやってきた。

新しい執事に給仕をさせるから食事に招待したい、とリカから伝言があったというのだ。
仕組んだのは理人だった。案の定、剣人は、突然のことに満足に給仕をすることもできず、
食事の席をめちゃめちゃにしてしまう。

由真たちは怒り出し、リカを責めた。その危機を救ったのは青山だった。
青山は、素早く汚れた食器などを片付けると、料理を用意した。

しかし、太陽生たちは、デュエロの結果を無視してリカの
執事のように振舞った青山を非難した。

そこに割って入った理人は、剣人が弟であることを太陽生たちに告げると、
未熟な剣人に代わって太陽生の世話をするようメイが青山に命じた、と言い出す。

「私どもに免じて、どうかこの場はお収めください」。理人からそう言われた
太陽生たちは、もはや引き下がるほかなかった。

リカは、メイが自分を助けてくれたことに驚いていた。

理人は、食事用のナイフをつかんで青山のジャケットを切り裂いた。

リカは、青山のポケットの中に手紙が入っていることに気づく。

それはメイが書いたものだった。「青山が仕えるお嬢様は一人しかいないんだって。
あんたも強情張ってないで、素直に返してっていいなさいよ、バーカ!
東雲メイより」。それを読んだリカは、メイの前まで歩み寄ると、
青山を返してほしい、と言って頭を下げた。

メイは、執事はひとりで十分、といってリカの申し出を快諾した。
その一部始終を見ていたローズは、メイとリカのために、
緑と青のステラをひとつずつ用意するよう執事の桜庭(鈴木浩介)に命じた。

理人は、1年前も学園にいたが、どのお嬢様に誘われても
全部断って仕えなかったのだという。
「なのに、いまはお前に仕えている。あいつにとってお前は
そういう存在だってことだ」。青山は、メイにそう告げた。

同じころ、泉は、リカを勝たせろという命令に背いた罰として、
太陽生たちから、陰への降格を言い渡されていた。

それを止めたのは忍だった。ルチアが泉の処分に異議を
唱えているというのだ。

実はそのころ、泉の運命を変えるようなある出来事が起きていた。

メイは、ルチア宮を訪れ、そこでメイは、お嬢様になりたいと
思っているわけではないが、理人と一緒なら頑張れる気がすると
ルチアに打ち明けた。

ルチアは、それは錯覚ではないか、と言ってメイに冷たい視線を向け、
ふいに本郷家の話を切り出した。

忍がやってきて、メイにルチアの本名を告げた。
ルチアの本名は本郷詩織

なんと、メイ同様、本郷家を継ぐ資格を持つ者だった・・・

メイちゃんの執事 第1話 あらすじ ストーリー 2009年1月20日放送

メイちゃんの執事 第3話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第3話 あらすじ ストーリー
「あなたに仕えたい!!」

理人( 水嶋ヒロ )は、メイ(榮倉奈々)の様子がおかしいことに気づく。
メイが、理人を避けるようになったのだ。

原因は、ルチア( 山田優 )が実は本郷家に関係があり、
理人がメイに話していなかったためだった。

ルチアの本名は本郷詩織。彼女は、本郷家の遠縁にあたり、
メイの父・周太郎(橋爪淳)が本郷家を飛び出した後に、
養女として迎えられた。

ルチアの執事・忍(向井理)からそれを教えられた
メイは、ショックを隠せない。

ルチアは、そんなメイに、優しい微笑みを向けながらある
提案を持ちかける。

ルチアが、本郷家を継ぐことになったら、メイの両親の
遺骨を同じ墓に入れる、というものだった。

そうすれば、メイも無理をして聖ルチア女学園にいる必要がなくなる。
ルチアはメイに、一番いい選択は何かを考えてほしい、と言われた。


メイに、剣人(佐藤健)が駆け寄って、メイのせいで、
泉(岩佐真悠子)が聖ルチア女学園を退学させられる、
という噂話が流れていると言うのである。

聖ルチア女学園の生徒たちが殺気立っているというのだ。

泉が太陽<ソーレ>の上級生たちに、メイのことで睨まれたのが
原因らしい。

不二子(中別府葵)や凛(忽那汐里)らは、メイを取り囲んで責めた。

リカは、輪の中に入り、メイには竜恩寺家の次期当主である
泉を退学に追い込むほどの力はないと言い、噂話に振り回されるのは
時間の無駄、と主張して、メイを助けた。

メイは、心配して探しにきた剣人を引っ張って、一緒に
親友・夏美(星井七瀬)の家、仲本家を訪れた。

理人に、ルチアは、自分たちとメイでは住む世界が違うと告げ、
メイにはもっと幸せな場所があるというのだ。

メイの前に、泉がやってきて、いきなりメイに決闘<デュエロ>を
申し込んだ。

泉が勝った場合はメイにこの学園を去ってもらう、というのだ。

理人は、このデュエロには意味がないと泉に言う。
泉は、このデュエロに勝てば学園に残れるようにしてくれると、
ある方が約束してくれた、と言い出した。

今回のデュエロは、執事同士ではなく、メイと泉たち本人が戦うというのだ。

デュエロの当日、もうすでにメイのクラスでは、デュエロの準備が整っていた。
学園長のローズ(堀内敬子)が今回は、審判を務めることになっていた。

太陽生たちは、約束の時間になっても現れないメイを不戦敗にするべきだと主張した。

そのとき、扉が開いてメイが入ってきた。「私、戦います。ここにいたいから…」。
メイは、そういって真っ直ぐに泉を見つめた・・・

メイちゃんの執事 第3話 あらすじ ストーリー 2009年1月27日放送

メイちゃんの執事 第4話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第4話 あらすじ ストーリー
「あなたを求めてる」

理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)と泉(岩佐真悠子)の
決闘<デュエロ>に立ち会わずに、ほかの場所に向っていた。

理人の前に忍が現れ、もうメイに仕えることはできない、と言う。
忍は、裏からメイが負けるように手を打っていたのだった。それでも
理人は、メイの勝利を信じて疑わなかった。

聖ルチア女学園では、メイと泉のデュエロが始まった。
今回のデュエロは宝探しで、学園内のどこかに隠されている
宝箱を探すというものだった。

デュエロの宝箱探しの、タイムリミットは3時間。

メイと泉は、剣人(佐藤健)やリカ(大政絢)、多美(谷村美月)らが
見守る中、教室を飛び出した。

メイは、さっそくフェイクにひっかかり、学園長のローズ(堀内敬子)は、
メイが獲得している星<ステラ>をひとつ没収するとメイに告げる。

メイの前に、不審な男たちが襲いかかってきた。それを目撃した剣人は、
男たちに飛びかかってメイを救出し、メイの手をつかんで走り出す。

メイと剣人は、森の奥に逃げ、男たちが追ってこないのを確認し、
ようやくひと息つく。

そこに泉が現れた。剣人は、泉に、これ以上勝負を続ける必要はないといい
泉は、どうしてもこの勝負に勝たなければいけないので、中止にはできないと
言い返した。

メイは、そばにいると言ってくれた理人のために自分も
聖ルチア女学園で、頑張りたい、と泉に告げた。

メイの言葉に、剣人はショックを受けた。

宝探しが終了した。メイも、終了間際になんとか戻ってきていた。
泉は、木場が肌身離さず持っているという執事教本を、メイは、
泉が木場にプレゼントした手作りのネクタイだった。

デュエロの宝箱探しの勝者は・・・

メイちゃんの執事 第4話 あらすじ ストーリー 2009年2月3日放送

メイちゃんの執事 第5話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第5話 あらすじ ストーリー
「理人が抱きしめた」

理人( 水嶋ヒロ )とメイ( 榮倉奈々 )は、突然クラスにやってきた
ルチア( 山田優 )の言葉に動揺する。なんとルチアは、今日から
メイたちのクラスメートになった。

ルチアの執事・忍( 向井理 )は、メイもルチア同様、
本郷家の後継者候補であることを学園のみんなに公表する。

理人が1年前までルチアに仕えていたことまで話す。メイが隠し事をしていたことに、
リカ(大政絢)たちは、怒ってしまった。

ルチアが理人を取り戻すためにメイに対して嫌がらせをしていることを偶然知ってしまった
剣人(佐藤健)は、理人に対して激しい怒りをぶつけた。

剣人は、理人に、メイの執事になって彼女を守る、と告げる。

同じころ、由真(臼田あさ美)ら太陽<ソーレ>生たちは、
1週間後に学力テストをし、基準点に満たない者を
即刻退学にすることを決めた。

太陽 ソーレたちの決定に、反発した泉(岩佐真悠子)は、
メイとともに戦うことを決め、メイの学力向上のため特訓を開始する。

一方、学園NO.1の超天才児でもあるみるく(吉田里琴)は、
ルチアからの食事の誘いを断った。

みるくは、ルチアの取り巻きになる気はない、というのだ。

ほどなく、みるくと執事の大門(鈴木亮平)の前に、みるくの日常生活を
監査するために、3人の黒服の男が現れた。

実はみるくは、国内のとある研究所で技術開発に携わっていた。
みるくの事を、MI7というコードネームで呼ぶ男たちは、
問題行動を起こせば研究所に連れ戻すとみるくに言った。

みるくは、食事も与えられないまま仕事をさせられていた。

監査役の男たちは、みるくに「お前は組織のためのただの道具だ」と言い
みるくは怒って、監査役に本を投げつけ、教室を飛び出してしまった。

メイと剣人は、みるくを探したが見つからなかった。

陰<オンブラ>寮に戻ると、そこにみるくがメイのことを待っていた。

みるくは、いきなりメイが住んでいた田舎に行きたいと言い出し、
メイと剣人ヘリに乗せ、みるくは、自らヘリを操縦して仲本家を訪れる。

春平(杉本哲太)や秋子(石野真子)たち仲本家の全員が、
みるくを温かく迎え入れた。

みるくが学園を脱走したことを知った太陽生たちは、
メイと剣人に厳罰を下すことを決定し、理人にも
単独行動を禁ずると命じた。

泉は、メイやみるくたちを救うために嘆願書を出そう、
とリカや不二子(中別府葵)、凛(忽那汐里)らを誘った。

執事仲間たちの監視下に置かれていた理人と大門は、
メイたちの元へ向うことを決意する。

根津(姜暢雄)や四谷(丸山智己)、青山(真山明大)らは、そんな
理人たちの思いを十分理解していたが、それでもふたりを止めようとした。

理人たちが外に出ると、そこにルチアの姿があった。
ルチアは、理人が自分の元へと戻ってくるのならば
メイたちを助ける、と提案した。

しかし理人は、それを拒否する。

メイは、泉が集めた嘆願書のおかげでお咎めなしとなった。
みるくは、陰<オンブラ>に降格になってしまった。

ルチアで仕組んだあることを、みるくは突き止めていた。

みるくは、ルチアに「お前は支配欲の塊だ。でも、私たちは
思い通りにならない」と言い放った。

メイは、みるくに教わりながら、学力テストに向けて勉強を始めた。

しかし、新たに事件が起きた・・・

理人がメイを・・・

メイちゃんの執事 第5話 あらすじ ストーリー 2009年2月10日放

メイちゃんの執事 第6話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第6話 あらすじ ストーリー
「剣人の大告白!! 」

理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)が抱き合っている
写真が教室中に貼りだされた。

リカ(大政絢)や凛(忽那汐里)たちは、写真を見て動揺した。
聖ルチア女学園では、お嬢様と執事の恋愛が禁止、発覚した場合は、
退学処分になってしまう決まりだ。

剣人(佐藤健)は、写真をはがし始めた。

そこに、泉(岩佐真悠子)が現れ、事実関係の調査が済むまで
理人とメイに謹慎するように言った。

それは、太陽<ソーレ>生の決定だった。

さらに、今回の一件がきっかけとなって全生徒の素行調査も行われ、
関係が怪しまれていた不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)も
謹慎を命じられた。

剣人は、メイを不二子が冷やかしていると、不機嫌になって部屋を出ていった。

そんな剣人の前に姿を現した忍(向井理)は、このままだとメイは
理人に奪われてしまう、と言って挑発した。

由真(臼田あさ美)や聡美(ホラン千秋)ら太陽生は、
理人と根津に、誤解を招くような行為は慎むようと告げる。

聖ルチア女学園の各クラスに執事を交換せよと通達がでた。

メイのクラスでもくじ引きで執事を決めることになり、
メイの執事は剣人、不二子の執事は大門(鈴木亮平)、
根津は多美(谷村美月)に仕えることに。

そして理人は、ルチア(山田優)の執事を務めることに・・・

聖ルチア女学園の舞踏会の日。泉は、クラスの皆に、会場に向うよう指示した。
そこに由真や聡美ら太陽生たちがやってきた。
剣人が太陽生たちに歩み寄り、「お互い信頼して、相手のこと大事に思ってるから
一緒にいられるんじゃねえか!」と言った。
剣人の言葉に動かされ、根津、青山(真山明大)らも元のお嬢様の所に戻った。

他のクラスのお嬢様や執事たちもその動きに賛同した。

泉は、太陽生の由真たちに、これが生徒の総意だと言い、
太陽生たちは、何も返すことができなかった。

喜び合う生徒と執事たち。

その時、メイは、教室の陰から手招きする多美の姿に気づく。

メイは、多美の案内で、理人が待っている場所へと向っていた。
その際、多美は、執事入れ替えの間、理人が徹夜で陰寮を
見張っていたことをメイに教えた。

メイが案内されたのは、あの『時間のない館』だった。

そこにいたのは、理人ではなく剣人だった。

多美は、「あの詩の本当の意味、教えたろか。ふたりが永久に結ばれるのは
天国なんやで…」と言うと、多美は、いままで見せたことがない表情で
メイたちを見据えてこう告げた。

「すべてはルチア様のため」・・・

メイちゃんの執事 第6話 あらすじ ストーリー 2009年2月17日放送

メイちゃんの執事 第7話 あらすじ ストーリー

メイちゃんの執事 第7話 あらすじ ストーリー
「オレがそばにいる」

理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)のもとへと戻ったが、
陰<オンブラ>寮にメイの姿はなかった。

理人は、嫌な予感に襲われメイの行方を追った。

メイと剣人(佐藤健)は、多美(谷村美月)におびき出され、
『時間<とき>のない館』にいた。

『時間<とき>のない館』とは、舞踏会の日にたどり着ければ、
永遠に好きな人と結ばれる、といわれている伝説の場所だった。

多美は、メイと剣人に向って、ルチア(山田優)のために
お前たちを始末すると告げる。

多美は、泉(岩佐真悠子)との決闘<デュエロ>のときに男たちに
メイを襲わせ、理人とメイが抱き合っている写真をばら撒いたのも、
すべて多美自身がやったことだというのだ。

理人は、泉やリカ(大政絢)らメイのクラスメイトや彼女たちの
執事にも協力してもらいメイを探した。

多美の執事・神田(阿部進之介)は、メイや剣人だけでなく、
多美の姿もないことに気づいていた。
凛(忽那汐里)の執事で、霊視能力を持つ四谷(丸山智己)は、
メイに危機が迫っていることを感じていた。

時間<とき>のない館では、メイと剣人が、多美と怪しい男たちに
取り囲まれていた。メイと剣人は、時間<とき>のない館2階へ逃げた。
必死にドアを押さえる剣人。しかしドアが破られ、多美たちが侵入してきた。

多美のナイフ攻撃からメイを襲う、多美は、メイに向って、
お前がこの学園に来なければ誰も苦しむことはなかったと言い、
ルチアから大切なものを奪おうとしたメイが悪いのだと。
恐怖におびえるメイに向かって、男は特殊警棒を振り下ろし・・・

メイが目を覚ますと、そこは陰寮の自分の部屋だった。
剣人は、忍(向井理)から傷の処置をしてもらっていた。

剣人の所に、芽衣が現れ、忍(向井理)は、「大事に至らなくて
よかったですね、メイ様。今回は…」と、不気味な言葉を残して
去っていった。

ルチア宮では、由真(臼田あさ美)や聡美(ホラン千秋)ら太陽生が、
メイが学園を去ることになったとルチアに報告していた。

ルチアは、どうしてメイを始末しなかったのか、と忍に問いかけた。
忍は、そんなルチアに謝るが…。

メイは、学園長のローズ(堀内敬子)に退学届けを提出した。

時間のない館でメイと剣人を救ったのは、多美の
執事である神田だった。
多美と神田はある施設の出身で、施設が取り壊され、路頭に迷っていた
多美に声をかけたのがルチアだったのだ。以来、多美はルチアに仕え、
聖ルチア女学園では陰寮にやってくるお嬢様たちを監視し続けていたのだ。

理人は、「私にとって、メイ様こそ、心からお仕えしたいと思える本当の
お嬢様だったのです」と言うと、メイを守りきれなかったことへの後悔と、
執事としてではなくメイにひかれていたことを話した。
メイは、涙をこらえながら聞いていた。
メイは、理人に「ずっとそばにいてくれてありがとう」とだけ
言い残して部屋を出て行く・・・

ローズは、ルチアのもとを訪れ、メイを失って抜け殻になってしまった
理人を手元に置いて満足なのか?と問いかけた。

ルチアは、それに対して、「婚約者を奪われたあなたは幸せだったのか」と返し
「本当に手に入れたい存在なら抜け殻でも構いません」とローズに告げた。

理人は、壁にもたれかかり、座り込んだままだった。

そこにやってきた忍は、理人が高熱を出して
苦しんでいることを知った。

メイちゃんの執事 第7話 あらすじ ストーリー2009年2月24日放送

月曜日のドラマ

ハンチョウ 〜 神南署安積班 〜

ハンチョウ 〜 神南署安積班 〜
4月13日月曜スタート
TBS系 20:00〜20:54
ハンチョウ 〜 神南署安積班 〜出演者
佐々木蔵之介 中村俊介 塚地武雅 ( ドランクドラゴン )
黒谷友香 賀集利樹 山口翔悟 細川茂樹 田山涼成 近童弐吉
鈴木拓 ( ドランクドラゴン ) 渋谷飛鳥 安めぐみ 近野成美 奥貫薫
ハンチョウ 〜 神南署安積班 〜
婚カツ!婚カツ!
4月20日月曜スタート
フジテレビ系 毎週月曜 21:00〜21:54
婚カツ! 月9 出演者 キャスト CAST
中居正広 上戸彩 佐藤隆太 釈由美子 谷原章介
上田竜也 北村有起哉 小日向文世
りょう 風吹ジュン 橋爪功
婚カツ!
kayoubinodorama.jpg

アタシんちの男子

アタシんちの男子
4月14日火曜スタート
フジテレビ系 毎週火曜 21:00〜21:54
アタシんちの男子 出演者 キャスト CAST
堀北真希 向井 理 山本裕典 瀬戸康史 つるの剛士
岡田義徳 永山絢斗 岡山智樹 江口のりこ なすび
浜田ブリトニー 要 潤 鶴見辰吾 田山涼成
山本耕史 草刈正雄 高島礼子
アタシんちの男子
siroiharu.jpg白い春
4月14日火曜スタート
フジテレビ系 毎週火曜 22:00〜22:54
(初回放送のみ 22:10〜23:14)
白い春 出演者 キャスト CAST
阿部寛 大橋のぞみ 吉高由里子 遠藤雄弥
紺野まひる 白石美帆 遠藤憲一 デビット伊東
白い春
水曜日のドラマ

夫婦道 水曜劇場

夫婦道 水曜劇場
4月15日水曜スタート
TBS系 毎週水曜 21:00〜21:54(初回は15分拡大)
夫婦道 出演者 キャスト CAST
武田鉄矢 高畑淳子 山崎静代
( 南海キャンディーズ )
たくませいこ 本仮屋ユイカ 鈴木悠人
杉田かおる 田中幸太朗 山崎銀之丞
佐藤銀平 児玉絹世 石倉三郎 橋爪功
夫婦道
臨場臨場
4月15日水曜スタート
テレビ朝日系
毎週水曜 21:00〜21:54

臨場 出演者 キャスト CAST
内野聖陽 松下由樹 渡辺大
伊武雅刀 高嶋政伸
臨場
アイシテル 〜 海容 〜( かいよう )
アイシテル 〜 海容 〜( かいよう )
4月15日水曜スタート
日テレ系 毎週水曜 22:00〜22:54
アイシテル 〜 海容 〜( かいよう )出演者 キャスト CAST
稲森いずみ 板谷由夏 山本太郎 川島海荷 嘉数一星(子役)
佐藤詩音(子役) 田畑智子 佐野史郎 田中美佐子
アイシテル 〜 海容 〜( かいよう )
木曜日のドラマ

夜光の階段夜光の階段
松本清張生誕100周年を記念 ドラマ
4月23日木曜スタート
テレビ朝日系
毎週木曜 21:00〜21:54

夜光の階段 出演者 キャスト CAST
藤木直人 夏川結衣 木村佳乃 荻野目慶子
渡辺いっけい 余貴美子 室井滋 小林稔侍

夜光の階段


boss.jpgBOOS 木10 新ドラマ
4月16日木曜スタート
フジテレビ系 毎週木曜 22:00〜22:54
(初回のみ 22:00〜23:09)
BOOS 出演者 キャスト CAST
天海 祐希 竹野内 豊 戸田 恵梨香
溝端 淳平 吉瀬 美智子 ケンドーコバヤシ
温水 洋一 玉山 鉄二 光石 研 相島 一之
丸山 智己長谷川 博己 HILUMA
塩見 三省
BOOS 木10 新ドラマ
金曜日のドラマ

スマイル

スマイル 金曜ドラマ
4月17日金曜スタート
TBS系 毎週金曜 22:00〜22:54
(初回のみ22:00〜23:09)
スマイル 金曜ドラマ 出演者 キャスト CAST
松本 潤 新垣結衣 小池栄子 徳山秀典 鈴之助 北見敏之
小栗 旬 池内博之 勝村政信 前田 吟 いしだあゆみ 中井貴一
スマイル 金曜ドラマ
名探偵の掟名探偵の掟
金曜ナイト ドラマ
4月17日金曜スタート
テレビ朝日系
毎週金曜 23:15〜00:10

名探偵の掟 金曜ナイト ドラマ 出演者
キャスト CAST
松田翔太 香椎由宇
木村祐一 ちすん 入江甚儀
名探偵の掟
土曜日のドラマ

ゴッドハンド輝 ドハチ 新ドラマ

ゴッドハンド輝 ドハチ 新ドラマ
4月11日土曜スタート
TBS系 毎週土曜 19:56〜20:54
ゴッドハンド輝 ドハチ 新ドラマ 出演者 キャスト CAST
平岡祐太 水川あさみ 村川絵梨 荒木宏文 中林大樹 長谷川朝晴
宮地雅子 朝倉あき 林 丹丹 八神 蓮 大久保麻理子 綾那
寺脇康文 要 潤 小林 隆 別所哲也 渡部篤郎
ゴッドハンド輝
ザ・クイズショウ THE QUIZ SHOW 新土9ドラマザ・クイズショウ THE QUIZ SHOW 新土9ドラマ
4月18日土曜スタート
日本テレビ系 毎週土曜 21:00〜21:54
ザ・クイズショウ THE QUIZ SHOW 新土9ドラマ
出演者 キャスト CAST
櫻井翔 横山裕 松浦亜弥 真矢みき 篠井英介
田中哲司 和田正人 森脇英理子 大橋のぞみ
水沢エレナ 泉谷しげる 榎木孝明
ザ・クイズショウ THE QUIZ SHOW 新土9ドラマ
魔女裁判 フジテレビ 土曜ドラマ 魔女裁判 土曜ドラマ
4月25日土曜スタート
フジテレビ系 毎週土曜 23:10〜23:55

魔女裁判 土曜ドラマ 出演者 キャスト CAST
生田斗真 加藤あい 比嘉愛未 鈴木亮平
忽那汐里 末永遥 中村靖日 山谷初男
平方元基 中村果生莉 松本じゅん
渡邉紘平 宍戸美和公 滝沢沙織
石田ゆり子
魔女裁判
日曜日のドラマ

イケ麺そば屋探偵 〜いいんだぜ!〜

イケ麺そば屋探偵
〜いいんだぜ!〜
4月5日日曜スタート
日本テレビ系 毎週日曜
0:50〜1:20

イケ麺そば屋探偵 〜いいんだぜ!〜
出演者 キャスト CAST
藤木直人 生瀬勝久 古田新太 堀内敬子
イケ麺そば屋探偵
ぼくの妹ぼくの妹 日曜劇場
4月19日 日曜スタート
TBSテレビ系 毎週日曜
21:00〜21:54

ぼくの妹 ドラマ 日曜劇場 出演者
キャスト CAST
オダギリジョー 長澤まさみ 千原ジュニア
ともさかりえ 田中哲司 若林豪 大滝秀治
ぼくの妹

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。